最近多い、患者の勘違い。

既存患者では絶対無い、勘違いな考えと質問。 新患と、以前来たがすぐ来なった患者にに限定される傾向。

自分が中々治らないのは、原因を見つけてくれる先生に出逢っていからで、出逢えて見つけてくれて、そしてそれに遭う体操を教えてくれさえすれば、自分でやれば治ると思っている。   酷い勘違い。

そんな魔法な体操があると本当に思っているのか? そんなのあったら世の中から痛い人居なくなるし、スポーツ選手皆金メダルだわ。 どんだけテレビやネットの商売・売名人間に刷り込まれているのやら。  まぁ、得てしてそういう人ほど教えても結局やらないケドさっ。

体操で何であれ、物事には順序というものがある。 まず初めにやる事。 そしてその状況を見て考えて次にやる事、取り組む事がある。 一個ですべてが解決するだなんて、なんて外見も中身も短絡的な人間なんでしょう。 物事に取り組むという姿勢が大事。

そもそも良い先生に出会えぬ理由もそこのある。 数多く渡り歩いてやっと出逢えたというが、渡り歩く理由がある。 最後は人間性。 此れをすれば治る、自分のドハマリしている事が全てで万歳!筋肉ハッピー!!

縁は広がるもの。渡り歩く人は縁を切る人、切れる人。 出逢う相手もそんな人。 小生は相手に嫌われても声をかけ、絶対コッチから切るような事だけはせぬと誓って生きている。 くじけず、へこたれず、日々コツコツとである。 今年も後半、よい縁がありますように。

運動も、食事制限もさせずにダイエット

もうかれこれ9年前、3カ月で10kg痩せたらチケット¥21,000プレゼント!! ナンて企画を患者向けにやった事がある。 かなりの数のチケット持ってかれた...(爆

小生の方から運動も、食事制限もさせもやれとも言わないダイエットプログラム。 元々は若い選手向けの小生独自の自己管理プログラム。 それをダイエット向きにちょっと変えて患者に提供してみたところ、此処まで効果が出るとは!?と小生自身も驚いた。色んな人に 『本にしなさい!』 と言われる始末。 なんかねぇ~、そこまでしなくてもねぇ~~

その後何年もの間、またぜひやって欲しいと意見が多かったのだが中々やれず。 今回重い腰をやっと上げて再開シマス。で、少々バージョンアップバージョンを。

今月中はプレ企画で10日間のショートバージョンを人数限定で。 女性に限らず、お腹の気になる男性にも!!(笑)

詳しくはスタッフまで。(既存患者限定です。)

お盆も休まずやってます、 が...

お盆も休まずやってます。  来週はイイんですわ、来週は。 まぁまぁ其れなりに混んでるんですわ。  問題は今週。 悪天候予報バリバリで、皆驚くほど用意周到で。 あんだけTVとかで煽られちゃ、そりゃ皆出控えるわな。  

水曜はそんな予報で街も道路も院もガラガラ。 翌木曜も日中直撃だなんて言われたら、流石のウチもキャンセル出たわ。  昨日金曜は水・木の用事で変更。 そんで今日。 帰省のせいか元々ヒマ。 明日は混んでるのに...

て事で今日は治療もラボも暇ッス!! いつも不愛想なので、今日は笑顔で応対シマス。(爆

体育会系大学生のご両親

体育会系大学生の患者の子。 わりと本気の体育会系の子たちで、みな年単位で治らず、色んな院を渡り歩きやって来る。 しかもその多くの子たちが我が院の近所では無く、小一時間ほど離れた所に住んでいる。 

離れているのは自宅や大学だけでは無く、基本その多くの子の実家が遠方。 九州や北海道、昨年は愛知県、現在は北関東と熊本県。 そんな遠方・地方から、ご両親がネットで探して連絡してやって来る事もある。 さぞかし本人も諸々心もとなく寂しいだろうが、さらに両親は不安の大きさは計り知れぬ。 

患者の子たちには現在の身体の調子、良くなってきている報告はご両親に連絡して伝えなさいと助言する。 そして何か聞きたい事があるようなら電話してきて良いよと伝えなさいという。

大学卒業の日、東京を引き上げる日にわざわざご両親が小生に会いに来てくれる。 むしろこちらの方が合いたくて、彼の4年間の頑張りや成長など、伝えたい事が山ほどある。 逆に勉強させてもらった事が沢山ある事も伝えたい。

治療とは誰かが何かで治す物では無い。 皆が気持ちを合わせて治す物。 誰か一人でも他人頼りな思考や行動をとってはダメなのだ。  欲と愛情は違うのだから。

そんな周りのみんなの気持ちに応えて、夏の合宿も頑張れ!!

安全と健康の優先順位

小生より少々若いが、長い付き合いの男性患者。 ビールもラーメンも、たまに一緒に飲み食いに行く仲。  スポーツクラブにも通い自己管理もしているが、それでも寄る年波には勝てず、健康診断では相応の指摘が入る。

我が院の2階には患者専用のトレーニング施設がある。 だが患者達に決して小生の方から絶対使え!とは言わぬ。 知識や理論、理屈でなおるなら、世の中みな健康で安全で平和。 タバコの害だって皆知っていても辞められないし、交通事故だって運転技術も交通ルールを皆会得して運転している。 事故はモラルとマナーが多くの原因だ。 肥満だってそう。分かっていても痩せられない。 分かった気になって初めても、すぐに飽きてリバウンド。

先述の彼からメニューを作って欲しいと言われて、2階で指導しトレーニングを開始してすぐに健診データ改善。 ウチはそういうところ。 運動療法は骨肉痛い辛いでは無く、健康の大原則で、最も継続的にせねばならぬ事。 どこ鍛えれば、何をすればでは無い。 メニューを作るスキルは技術や知識だけでは無いのである。

「妻に、痛くも無いのに何故通うの?と言われたんです」と、男性患者達から過去何度も聞いた事がある。 食事だけですべてが健康に出来るのなら、体重が重く無ければ痛くないのなら、スリムな人は痛み・辛さは皆無という事になる。

安全と健康、お金と時間。 一家の大黒柱の諸君、頑張れ!!

今日台風で何して過ごします?!

いくら雨風台風、雪に強い、悪天候に強いウチだからと言っても、こう午後直撃予定じゃキャンセル出ますわ。 

キャンセル出る人の時間に限って、実際その時間晴れナンて言うジンクスもあるのだが、安全・健康は優先だから各々各自ご判断で。 って感じで締めくくりたい台風的な今日なのだが、出勤途中のグランドでは風雨の中、お揃いのユニフォームで練習をしているサッカーのちびっ子たちが。

此処から先は言わずもがなだが、増水で欲で事故だった昔の事件の同類にならぬ事を願ばかりである。

ちびっこスポーツ外来

この2、3年、問い合わせが急激に増えた子供のスポーツ障害。 遠方からの問い合わせ・通院も多い。

もともとはサービスで始めたメニューの "ちびっこスポーツ外来" 。 コレから何かとお金のかかるお年頃。 少しでも親御さんの負担を減らそうと作った物だったのだが、今では様々な相談窓口となっている。

ちょこっと揉んで電気かけて。後はストレッチとテーピング。 明日も来い、毎日来いで、結果治らず。 親は不安と不満でやって来る。

背も伸びてくるこの時期に、必要な事と必要じゃない事を、今の痛みに関連して子供本人にも説明する。 こうすれば走れるよ、蹴れるよ、痛く無くなるよ、背が伸びるよと。

夏休みに入り練習も毎日になり、久々会う子たちが日々やって来る。 色なんか真っ黒でみんなとっても可愛くて。  今日もコッチがパワー貰っちゃいます! (笑)   頑張って!!

マイナスイオンでリラックス

アウトドア事業部に配属されてた事があるにもかかわらず、意外にインドア。 子供の頃から常に運動野外で、他は家の中に居させて状態。 一人暮らし初めてクーラー付けた時は、もう一生休日外に出ない!と思ったほど。 またまたダメ人間。

そういえば最近インチキなゆるキャンプにハマってます。 待合室の雑誌を見れば一目瞭然で患者皆に突っ込まれ中。 いゃ~、世の中興味無い事は見てたようで見て無かったんですナ~~

朝から晩までナンもせずに森と川に囲まれて過ごす一日。 まるで似あわない"穏やか"という言葉が身にしみマス。

此処からの数週間、家族みんなでキャンプに行く人沢山ですが、くれぐれも健康と安全は最優先で!  良い休日を。

最高の最低

最高の最低

いやぁ~暑い。 そもそも気温は主観と言うが、温度は暑い! 

何度も睡眠の質の話で最近書いているが、夜は寝て疲れをとって翌日スッキリ!なのだが、こう毎晩暑くちゃそりゃバテるワケだ。

確かに最近は異常に暑い。 昨日も名古屋市と岐阜県美濃市で最高気温が40度以上。 全国で40度以上となった回数も今年は9回で、極端な暑さとなった2013年の夏の8回を8月上旬で既に上回ったそうだ。

で、昔はこんなに暑くは無かった、寝苦しくは無かったと良く言うが、24年前の1994年の今日ですら、東京で最低気温が29.3度で、当時観測史上最高の最低気温。 熱帯夜も連続47日と年間最多を記録。 全国、世界規模の猛暑だとニュースを騒がせたらしい。

確かに最近の方が暑いのだが、此処まできたらようワカラン。 とにかくご注意を。

感謝される仕事と喜ばれる仕事。

学生時代、頭も悪いクセに変に真面目だった。 真面目というより融通がきかなかった。 仕事も人に感謝される働きをしたい、仕事をしたいと決めつけていた。 喜びよりも感謝がテーマだった。

しかしそんなに自分が思っているほど良い人間である筈も無く、感謝されるように働いている仕事している、感謝されるでしょう、するでしょう、されて当たり前でしょう~で、ナンで感謝しねぇんダヨこんちくしょー!!時もある。 コリャ完全にダメ人間、向いて無い。

この話を同世代のある男性患者に話したら、「そんな風に考えた事無いなぁ。 俺の仕事は感謝も喜んでももらってないなぁ~」と謙遜して言っていた。 まるで全然そんな事は無い!大手の会社に勤めるその彼、仕事も忙しく、小生と違ってちゃんと家庭も持ち、かつ週末はボランティアで20年以上前から子供たちをキャンプに付き添いで行ったりしている。 休日なんか微塵ンも誰かにほどこすなんて無い小生とはまるで真逆。 神様みたいだ。

若い時にもっと自分を見つめ、理解し、進むべき道を真剣に考えるべきだったと後悔。 やりたい事だけで進むんじゃ無かった。 

今は今できる事を日々全力でコツコツと。 コッソリ吐く毒はご勘弁を...