超悪玉コレステロールと脂肪肝

日本動脈硬化学会さんの「脂肪肝/脂肪肝炎」と「酸化コレステロール」についてセミナーから。

非アルコール性脂肪肝、引っかかったんですわ!小生も。隠れ肥満、隠れ脂肪肝。心身ともにオッサンになったという、嫌な称号。 いらんわ!!w

肝線維化して、肝硬変になって、癌になるんですって! ぷよぷよお腹、ほって置いてイイ訳無いんですわ。

非アルコール性脂肪性肝疾患、男性では40~59歳の40%以上、女性では60~69歳の30%以上との報告があるそう。もう国民病。悪玉コレステロールも当然高いデスよ、あなた! その悪玉コレステロールの中でも、血管壁に入り込みやすいく、小型で密度の高いLDL(small dense LDL)と呼ばれる更に悪い、"超悪玉コレステロール"というのが極悪人!! 顔に出てませんか?極悪人が!?

兎にも角にも、その動脈硬化を防ぐためには、酸化コレステロールが多く含まれる食品を食べないのが何よりも一番!  例えとして、焼き鳥の皮の部分、インスタントラーメンの麺、マーガリンやマヨネーズの変色した部分、二度揚げされた揚げ物、漬け込み保存された魚卵、加工肉食品、するめやビーフジャーキーなどUV照射を受けた食品など。 だそうだが、全部大好物ジャン!!! オワタ...

皆さん、今日から心を入れ替えて生きてイキマショウ。

#悪玉コレステロール #肝硬変 #脂肪肝 #動脈硬化 #懺悔 #食習慣

 

すり減った軟骨が事故再生できる可能性。

「血液が供給されないからといって軟骨は再生しないわけではない」

そんな言葉が過去のものになるかもしれない。 米国の研究で、サンショウウオが四肢を成長させるのと同様の分子プロセスで、人間にも軟骨をある程度、再生させる能力が備わっていることを突き止めたと。

関節のクッションの役割を担う軟骨には血管がなく、血液が供給されない。そのため、従来、けがや老化による軟骨の損傷は修復できないと、長年考えられてきた。今回の研究では、新しいタンパク質にはアミノ酸変換がほとんどないのに対し、古いタンパク質では多くのアミノ酸変換がみられることを前提に、手術を受けた患者から採取した関節の軟骨組織サンプル中のタンパク質を分析したそう。

その結果、足首の軟骨には新しいタンパク質が最も多く含まれていた一方で、膝関節の軟骨にはそれほど新しくない「中年期」のタンパク質が多く、股関節の軟骨では古いタンパク質が多いことが分かった。このらの事から、関節の再生能力は足首の関節が最も高く、股関節が最も低く、膝関節はその中間に位置することが示されたと報告されていた。

組織を再生する能力がある動物は、敵から噛まれやすい末端の部位で修復能力が最も高いのではないかと、研究者の先生は述べていた。

此れ以上難しい事を書くのはやめておくが、更なる医学の進歩を期待するとともに、研究者の先生方に感謝である。

#軟骨再生 #血液供給 #自己再生 #関節軟骨 #変形性膝関節症 #運動療法 #スポーツ整形 #スポーツ整体

たばこと認知症

たばこと認知症

喫煙は認知症の危険因子として知られているそうなのだが、この度、禁煙によってリスクは減少するのだろうかどうかの研究報告が米国から。

52〜75歳の1万3,002人の男女を対象に調べたところ、禁煙は認知症リスク減少に有益ではあるものの、禁煙期間に依存することがわかったそう。

禁煙後9年以上経過した場合に認知症発症との関連が消失し、認知症リスクを減らすためには中年早期に禁煙する重要性が示されたと報告されていた。

二十年以上年配の方とお付き合いしていると、残念ながら中には症状が発症されてしまう方も。 本当に切ないです。もっともっと医学が進む事を切に願います...

#禁煙 #喫煙 #認知症 #切ない #幸せな人生 #健康第一

低体温療法で脳保護効果

心停止から蘇生した患者に対する低体温療法は、これまで考えられていたよりも多くの患者を救える可能性があると、フランスから。

実は一昨日早朝、小生の父が脳的な問題で救急搬送されまして。幸い大事な至らなかったのですが、ホントにもう、諸々言う事聞かない父親でして。まぁそっくりと言えばそっくりなのですが。

数年前にも、雪かき熱心にやってぎっくり腰になったと言ってやって来た年配男性が、脳梗塞だった事も。そん時もどんなに説明しても信じなかったし。 症状が軽かったからと言って喜べる話しじゃないんですよ、脳問題は。

先述のフランスの先生方の研究で、心電図波形が「ショック非適応リズム」の心停止患者に低体温療法を実施したところ、標準的な治療を行った場合に比べて、蘇生後に良好な脳機能が保たれる確率が約2倍に上ることが分かったそうだ。

詳細は割愛するが、世界中の先生方のご努力には心底感謝致します。 安全と健康は最優先。peace

#脳血管障害 #脳梗塞 #心停止 #心肺蘇生 #リハビリ #運動療法

 

脂肪が多い食べ物大公開!!

栄養士さんが脂肪の多い食事について書かれていたので、一部抜粋。

まずスナック菓子。イモ、トウモロコシ、米粉や豆類といった炭水化物系を油で揚げている菓子。軽い食感でも、高カロリー、高脂質。

次にから揚げ、てんぷら。当然衣が厚くなるほど吸油率が高くなるため、素揚げ<から揚げ<天ぷら<フリットの順に油脂量が多くなる。素材によっても吸油率が変わり、かき揚げは74%、クルトンは99%の吸油率で、野菜の中でも吸油率の高いナスは、素材量に対して素揚げで14%、天ぷらで18%。

で、言わずと知れたラーメン。動物性油脂は加熱されると溶けるため、想像以上の油脂を摂取している、悪魔食。(笑)もうコレ以上何も書きたくアリマセン...

それ以外にも、健康に良いとされてるナッツやチーズでさえも、100gあたりアーモンドは54g、くるみは68.8g、マカダミアナッツは76.7gの油脂、チーズも種類によって脂質量が異るが、平均的に25〜35g/100gほどの脂質が含まれるそう。

あと、アイスクリームでしょ、ウィンナー・ベーコンでしょ、市販のカレー粉でしょ、牛丼でしょ。 まぁもうキリが無い。

皆さま、毎回ですが何事もホドホドに。

#高脂肪 #高炭水化物 #高カロリー #肥満 #体脂肪 #中性脂肪 #成人病 #運動療法

体幹トレで、力ませ緊張トレ。

体幹トレーニングと、むやみやたらに同じ姿勢トレーニングは違うんス。

何処を、何の為に、どうしたいから、どう鍛えるるのか。

単なる力ませ、緊張させ、動作性にぶらせトレーニングになってはいないか?

ましてや小さな子供には、先に他にやらせる事があるんだって。

無意味な体幹トレーニングで、肘膝痛くなってやってくる子供が後を絶たない。

シッカリしろよ、大人!!

#体幹トレーニング #コアトレーニング #フィジカルトレーニング #運動療法 #スポーツリハビリ #スポーツ整形 #スポーツ整体

ずーっと前からぎっくり腰の日。

フェイスブックに毎朝出るんですよね、過去のこの日ってやつ。

どうやら毎年今日はぎっくり腰が来てるらしい。三年前は一日三人来たいたみたい。

晴れの特異日とはよく言うが、ギックリの特異日なのか?

誰かにどうにか理由コジつけて、是非記念日にしてもらいたい。

他人事ネタでは無いっすわ! お気をつけあれ。

#ぎっくり腰 #晴れの特異日 #腰痛 #繰り返す #整体 #リハビリ

魚油サプリは良い?悪い?!

魚油サプリが良いか悪いか、昔から色々言われているが、まぁ何事も程度問題だと小生は思っている。 その研究、解析が米国の大学から。

オメガ3脂肪酸と心血管疾患の関連を検討した13件の報告を解析。解析対象者数計12万7,477人、男性が59.7%で平均年齢64.3歳、BMI28.0、糖尿病患者39.4%、脂質低下薬使用患者72.6%。オメガ3脂肪酸の摂取量は研究により376~4,000mg/日の幅があったが、多くの研究は約840mg/日。

その結果、平均5.0年の介入期間中に3,838件の心筋梗塞、3,008件の冠動脈性心疾患による死亡が発生し、オメガ3脂肪酸を摂取していた人は摂取していない人に比べて、心筋梗塞が12%、冠動脈性心疾患による死亡が8%少なく、有意なリスク低下が認められた。また、過去の多くの研究と同様に、オメガ3脂肪酸摂取による脳卒中のリスク低下は観察されなかったそう。

サプリメントを摂取している人が、普段から健康的な生活を心掛けていることを表している可能性もあるから絶対ではないが、今回の研究では用量反応関係も認められた点に特に注目していると述べられていた。

否定的なウンチクを言う前にって事ですわ。

#サプリ #オメガ3脂肪酸 #心血管疾患 #安全と健康 #スポーツ障害

意外と知らない文化の日。

今日、11月3日は文化の日。その文化の日の意味と由来って、意外と知らない。 明治天皇の誕生日?ぐらいしか。

もともと11月3日は、明治時代にはその時の天皇の誕生日を祝う「天長節」、大正時代は明治天皇の誕生日を祝う「明治節」とした国民の祝日だったそう。

それが戦後、終戦直後の日本人の気持ちとGHQの思いが色々せめぎあって決まったのが現在の文化の日。 詳しくお知りになりたい方は、是非検索してみてほしい。

自由と平和を愛し文化をすすめる日とした文化の日。全国各地で、博物館・美術館の無料公開や、図書館・公民館・大学での公開講座等、無料イベントが盛りだくさん。 是非ご家族で足を運んでみたら如何か。

#文化の日 #自由と平和 #明治天皇 #腫れの特異日 #祝日

フィットネスジムの継続率

海外で、こんな面白い報告がありましたよ!という、日本の医師の方のコラムを読んだ。

リオデジャネイロで、フィットネスセンターに通っている人が、いつまで継続できるかを調査した報告。

2005年1月~14年6月の間に、フィットネスセンターに通っていた5,240人の来店記録を参照して、12ヵ月または退会まで追跡し、トレーニング継続率を算出。

その結果、ナント新規会員になった人の63%が3ヵ月までにトレーニングをやめてしまっていたという!?トレーニング継続率は、6ヵ月で13.6%、1年だとわずか3.7%にまで減少。

さすがに日本ではそこまで極端じゃないが、前職時代に隣駅のスポーツクラブの一部図面をウチの会社が書いたりして、担当が小生だったりした経験上、まぁイメージ似たようなモンですわ。 むしろダラダラ入会継続している日本人の方がダメかも。w

正直最近、筋トレブームも少々下火。 ブームで終わらぬよう、戒めましょう。

#筋トレ #ジム #スポーツクラブ #続かない #スタジオ #ブーム #スポーツ障害