夏季休診のお知らせ

夏季休診のお知らせ

本日8月20日(日)午後より、22日(火)まで夏季休診とさせて頂きます。

例によって例の如く、貧乏プチ車中泊旅に出かけます。 聞きたくは無いでしょうが、戻ってきたら旅話し聞いてやってくださいナ。(笑)

お腹が出やすい人の食の3特徴。

ちょっとした医療コラムで、内臓脂肪がつきやすい人の食の3特徴というのがあった。

でてきたお腹、それは内臓脂肪。 その内臓脂肪がつきやすい人の食生活の特徴として
①早食い  
②残さず満足するまで食べる  ③緑黄色野菜は食べないが、間食、スナック菓子、アイスクリームを好む、  という傾向があるそう。

風呂上がり、寝る前のアイスなんて、もう最悪...  アイスクリーム屋を恨みましょう。www

 

腰痛飛び越え、単なる苦痛。

年に三回必ずあるぎっくり腰シーズンの第二回到来。 何度説明しても分からぬ者は分からず、恒例行事のように繰り返す。 もはや苦しむのが趣味のように。

今週は通常始業より二時間早く始めても、22時までビッチリ。 嬉しいケド嬉しくない。

全員が全員、ケア・メンテナンスならお互いハッピーで色々提案できるのだが。 痛い時は選択肢限られるからな。

さて本日もそろそろ出張りマス!

その治療、最小限であって最大限じゃ無いからね!

治療・医療に限らず、最低限の仕事しかしない人間と、最大の努力・労力を払って仕事をする人間、果たしてどちらの人間に責任感と信頼を感じるだろう?

何らかの情報を得て仕事をしたとしよう。 本人はプラスされた事柄によってより良い仕事をしたと思うだろが、それはタマタマ今まで自分が知らなかった事であって、他の人はそれ以上の事をしており、決して皆より優れた事をしている訳では無く、最低限の事をやっとやっただけの話。 若いほど未熟なほど勘違いをする。

先日も患者と引越の話になった。 引越の挨拶は向こう三軒両隣かというが、そもそもそれは正しくない。  日常から親しく交際する近くの家を指し示す言い方であって、挨拶は挨拶。 挨拶をする気がどれだけ有るかどうかは別の話し。 昨今隣近所で顔を合わせても挨拶もしない輩もいるが、それを自分がどう思うか?! まして自分に子供がいるのなら、見える範囲には挨拶はしておくのがよりベター。 ポストに石鹸やタオル入れるだけの話。 50軒100軒でもあるまいし。

その言動に、自分のハートが有るか無いか。 心は無意識で態度に出てしまうし、他人はそれで判断をするもの。  ハートでは誰にも負けない仕事をしたいものだ、

熱中日射じゃ無い、気温と湿度と日光の話し。

もう本当に悲しくなるくらい、ハッキリしない連日の天気で薄ら寒い毎日で。 折角の夏休みも残念な方々お悔やみ申しアゲマス。

さてコリャ完全な冷夏ですわ。 雨でキャンプは勿論のこと、降らなくても寒きゃダメな典型が海のレジャー。 なんかの罰を受けてるようなモン。  一番アクティブになるこの時期に、こんな天候で打撃を受けるのはスポーツ系も実は同じ。

某海外有名アイウェアメーカーの友人が言っていたが、サングラスの売れ行きは日差しに強さじゃ無く気温に左右されるのだと。 だから冷夏は売れないそう。  ナルホド。

他にも熱中日射とウェアの関係とか、運動時における湿度と運動パフォーマンスの関係とか、この手の小ネタは日本一持ち合わせてオリマス。 まぁ他で特徴出せって話ですがね...(爆

旧盆今日もフツーにやってます!

旧盆本日15日もフツーにやってます。 むしろいつもより朝も早くから開けてマス。

今日まで休み、今度の日曜まで休みと色々皆さんいるようで、今週ずっと混んではいますが、夕方子供部活時間は少々ユルイ感じ。 流石に子供は田舎にでも行ってるのでしょうか??

Uターンラッシュもピークのようですが、皆さまあせらずイライラせず、車の方は安全運転、公共交通機関の方は焦ってつまずいて転ばぬように。(^^)  良い休日を。

音楽とリズム指定でのパーソナルプログラム。

いよいよ昨日から、長年温めていたプログラムのモニター第一号スタートしました! 予想以上にハードで汗だくとのご意見。 手応えまずまず。

患者の好きな音楽ジャンルで、リズムか此方で指定しての、パーソナルトレーニング企画なのですわ。

今までの黙々筋トレとは180度真逆で、ノリノリで出来る、やってもらうパーソナル運動プログラム。 準備に3ヶ月くらいかかってしまいましたが、モニターにお願いした患者さんにやっとの提供です。

もう少し煮詰めて完成度高めたら告知します。 もちろん既存患者限定なので、待合室と専用SNSのみで募集します。 

この夏、旨いもの沢山食ってもご安心企画。(笑) こうご期待。

患者の立場と運動の本質的な問題の理解。

患者でやって来た子供の親に対して、「僕が親なら絶対やらせませんね!」とよく言う同業後輩が居る。 昔は少しかまって色々アドバイスもしたが、この数年は諦めた。 頼って色々聞いてくるクセに、デモとダッテが多すぎる。

多くの患者は思っていてもデモとダッテは口にしない。 運動を休める、止めれるぐらいなら此処には来ていない。 その事実・現実を治す側が最も理解していない。  そしてたまたま自然治癒の患者で武勇伝。

子供・学生の患者を甘く見てはいけない。 今まさに心身ともに成長期なその時期に、無駄な時間などは無い。 大人以上に緻密に真剣に取り組まねばならない。 若いスタッフへ丸投げするような院へ行かせてはならないのだ。

合宿で痛めてこの時期たくさんやって来る学生に、いつも以上に分かり易く丁寧に。 こちらも日々勉強である。

アイスクリーム頭痛って言うんですね?!

いやぁ~コレマタ知らなかった、アイスクリームとかかき氷とかを急いで食べて頭がキンキンする頭痛の事を "アイスクリーム頭痛(brain freeze)" なんて呼ぶ事を。 

正確には医学的に「翼口蓋神経節神経痛」と呼ばれるそう。 「翼口蓋神経節は口蓋の奥にある神経の束で、冷たい食べ物に敏感。そのため、冷たい食べ物が喉を通っていくときにこの部分に触れると神経が刺激され、その情報が頭痛を起こす脳の領域に伝わる」 という事らしい。 書いている事まるごとコピーであるが。

まぁ、予防と言っても放っておいてもすぐに軽快する系の頭痛であるのでどのくらい役に立つのか分からんが、米医科大の専門の先生によると、急がずゆっくり食べて自分の口の中で食べ物を温めること、口内の奥の方を刺激するとアイスクリーム頭痛を引き起こす可能性があるから口内の前の方に含むようにすること、舌の温かさで副鼻腔と翼口蓋神経節を構成する神経が温まるため舌を口蓋に押しつけると痛みが和らぐとか。

罰ゲームでかき氷一気食いなさる方、ご活用くださいマセ。www