肩関節周囲炎

肩関節周囲炎

「先生、わたし五十肩になっちゃったわよ!」と年配女性。「○○さん、これは五十肩じゃなりませんよ、四十肩デス」...

昔から必ず諸先輩方から受け継がれるネタ。逆にムッとされぬよう、言う相手だけは間違えてはいけない。www

正確には肩関節周囲炎。未だ正確な起序は分かっていない。炎症だったり癒着だったり、原因も様々なら、治療やリハビリも様々。 

残念ながら痛い。治療もリハも痛い。痛く無い方法も無くは無いが、基本痛い。

痛みの感覚は個人差がある。ある程度は頑張ってもらいたいが、そのある程度に個人差がある。 頑張った人順に良くなるのも事実。

痛く無い治療は薬物療法併用が最善で、それに勝るものは無い。しかしケースによっては予後競技復活に微妙な差がでる。筋膜リリースの注射に薬剤より生食・リンゲル使う理由と同じ。

テニスや卓球、バトミントンを、また以前のように、以前より全力で出来るような治療を! ファイト!!

#四十肩 #五十肩 #肩関節周囲炎 #筋膜リリース #スポーツ整形 #スポーツ整体

ランナーズニーはフォームが原因?!

「当院は走り方、打ち方、投げ方、蹴り方お教えします!」と声高に言う、治療を生業としている人間。それが駄目な事すら知らぬ粗悪な典型。今更語る気すら無い。 技術やフォームはコーチ、指導者が行うものだ。

そもそもプロ野球のピッチャーは皆フォームは良いし、走り方悪けりゃマラソン選手にはなれない。 ならプロは全員故障しないっていうのか?! そんな図式、小学生だって分かる。

直すべきはフォームでは無い。 むしろ"治す"ところを共に探すのだ。

記録は伸びる。 ただし、どこまで行っても素人は素人。その先へ行くには良き指導者に巡り合わねばならない。 持っているか?その縁を!?

一番大切なのは人なのだから。

腸脛靭帯炎 #ランナーズニー #ランニング #トレラン #ウルトラマラソン #アキレス腱炎 #スポーツ整形 #スポーツ整体

なつぞらとぎっくり腰

やっと少し陽が出たと思ったら、午後から週末までまたまたずっと雨予報。長梅雨ですなぁ~

長梅雨後は冷夏だという長期予報ですが、夏のトラブルは日差しや気温だけではアリマセン。 長期連休でいつもと違う事、色々やりたくなっちゃうところがほぼ落雷。ドカン!と腰に稲妻走っちゃう。

あ、ちなみに高齢者のぎっくり腰って皆無。30、40代が全部と言っても過言じゃ無い。50代でやっちゃった人、むしろ頑張りましたわね。

油断大敵、火の用心で良い夏休みを。

#ぎっくり腰 #腰痛 #急性腰痛 #慢性腰痛 #整体 #整形外科 #なつぞら

不義理な人たち

不義理な人たち

最近よく見る、コンビニの前にコンビニ。それ以外にも美容院の前に美容院、接骨院の前に接骨院、歯科の前に歯科。

顧客層がウンチャラとか集客がとか、後だしの方は自分に都合よく言うが、逆の立場で同じ事真っ先に思うのか? 嬉しく無い、ただそれだけ。

最近身近な知り合いに同じようなケースが2件あったのだが、関係ナイこっちの方が気分悪い。

不義理な事している人間を容認できる人間も、また同類。 そんな輩ほど、人との繋がりを大切に!とかぬかす。 アノね、真っ当で常識的な大人は見透かすからねっ。

本当に他人を大切にしている人は、それを商売の武器にしたりしないから。 駄目な世の中になってしまったものだ...

#不義理 #人との繋がり #人間関係 #友情 #裏切り #許さない

自分の子供のように全力で。

今、絶対良い成績を出させたい二人の二十代男子患者がいる。小生には子供がいないので、どうしても自分の子のように気持ちが入ってしまう。

自分が二十代の時、もっと知恵があったら、もっとこう努力していればと思う事が山ほどある。だからと言って押しつけるようなオッサンは嫌われる。

昨日、某大手企業に勤める患者と、会社内での今どきの若者に対しての対応の話しになった。 とうの昔の一般社会から浮世離れしてしまった小生にしてみれば、到底受け入れられない話ばかり。「極力注意をしないで、成功体験を積ませろ」と上の人間に言われるという。  成功できないから問題になってるのにねぇ~

昨年まで約一年半ほど面倒を見た(ん?上から目線発言か?!www)、箱根駅伝をめざした大学生の男の子がいた。小生の努力不足で、箱根出場に本当にあと一歩、半歩前まで来たのだが駄目だった。本当に心の底から申し訳無いと今でも思う。それでも最後まであきらめてはいけない事は伝えられたと思っている。  現在は外資系企業に就職し、バリバリ働いている。地方に配属された今でも定期的ケアで来てくれている。

勝ち負けだけでは無い。一秒でも一歩でも、ひと掻きでも前へ進めた事に成果を、成功を感じなければいけないし、それこそが若いうちにスポーツをする最大の目標であり、それを教え伝えるのが我々大人の責務である。

金儲け第一、スポーツをビジネスとしか考えぬ人間が居なくなる事を願う。

#箱根駅伝 #出雲駅伝 #全日本選手権 #競泳 #スポーツビジネス #スポーツ障害 #スポーツ整形

意外に多い治す気無い人。

せっかくの三連休だが、残念ながら全国的に天気がよくない模様。外出される方、動き回る方はくれぐれも足下には気をつけてもらいたい。

当然毎回連休後はやっちまった患者がやってくるのだが、タマタマ転んだとしても、転ぶ理由が自分にもある。そこを通る全員が100%転ぶなら不可抗力だが、そうでは無い。

例えば子供を連れてくる親。当然痛くなった理由をちゃんと説明するのだが、「原因が分かったので暫く様子みてみます!」と言ってきたり。自分が安心したら解決しっちゃって。 仮に今何らかの処置をして痛みが取れたとしても、そもそも痛くなった理由を解決しなければという発想にならない。

極端な話し、交通事故で被害者側で100%此方側に原因が無かったとしても、事故を避ける努力はするべきで、それらが今後自分が被害者にも加害者にもならない事に繋がる。

治療は勿論、トレーニングも好き嫌いでやっていては一生問題解決にはならない。 安全と健康は何よりも優先するのだから。 心の努力をお忘れなく。

#スポーツ障害 #スポーツ外傷 #交通事故 #スポーツ整形 #スポーツ整体

若者より中高年の運動が重要デス。

過去の運動や生活習慣よりも、今の活発な身体活動の方が死亡リスクが低く、実質的に寿命が長くなると、英国から報告された。

40~79歳の1万4,599例について、就業時と余暇時から身体活動によるエネルギー消費量(PAEE)を算出、評価した結果、長期的なPAEEの増加は、ベースラインのPAEEとは独立的に、死亡と逆相関の関連が認められたそうだ。

少なくとも最小限の身体活動の推奨(中強度:150分/週)を達成し、これを維持することで、身体不活動に関連する死亡の46%が予防可能と推定されたとも述べられていた。

過去の栄光よりも今を大切に健康長寿で。

#中高年 #40過ぎたら #運動不足 #自己満足 #健康長寿

肩、固まってます。

また新たにひとつ歳を取り、益々オヤジギャグを言いたい衝動を抑えきれなくなってきた今日この頃、危うく患者に言いそうになって我慢したので、ココで吐き出し。(笑)

昔、恩師に教わった事。 「私、五十肩になっちゃったわよ!」と、年配女性患者。そう言う患者さんに、これだけは絶対言えと。

「いいえ○○さん、これは五十肩じゃありません。 四十肩デス!」と。

アラまっ!と、嬉しそうな顔して笑った患者さんはすぐ治るというお話し。 以上。www

#五十肩 #四十肩 #肩関節周囲炎 #肩が痛い #病は気から #整体

自然の中で過ごすと健康になるお話し。

週に数時間ほど自然の中で過ごすだけで、心も身体も健康になる可能性があるという研究報告が英国から。

調査によると、自然の中で週に2~3時間過ごしていた人は、82%が「健康状態が良好」と回答し、65%が「精神的な幸福度が高い」と答えていたのに対し、全く自然に触れていなかった人では、それぞれの割合は68%、56%と低かった。また、高齢者や健康に問題を抱えている人でも、屋外で週に2時間以上過ごす人は自身の生活の満足度(ウェルビーング)を高く評価していたそうだ。

必ずしも山歩きをしたり遠出をしたりする必要はなく、参加者の多くは、自宅から約3km以内にある公園や緑地などで自然を楽しんでいたという。「場所はどこでもよく、一度に2時間でなくてもよい」研究者は述べていた。

他の論文でも、論文で、日常的に屋外で過ごしたり、自宅周辺に緑地が多かったりする人では、血圧や心拍数、「ストレスホルモン」であるコルチゾールの血中濃度が低いことに加えて、睡眠時間が長く、2型糖尿病や心疾患になりにくいことが示されていた。

研究はまだまだこれからも必要なそうなのだが、自然の中での生活が健康等に有益なのは間違いなさそうだ。皆さん、積極的に自然と触れましょー!!

#キャンプ #自然 #公園 #健康 #幸福度

スマホ、パソコン、タブレット。

仕事でパソコンを使う。現代の社会システムの中では避ける事は出来ない。 頭痛・肩こりは勿論、腰痛や腱鞘炎、膝関節痛にまでその原因は及ぶ。

だが近年、その状況にも変化が出てきた。 それはスマホやタブレットの存在。OA環境が変われば、当然それを使う人間の環境も変わる。

パソコンは置くが、スマホ・タブレットは持つ。 パソコンは正面を見るが、スマホ・タブレットは下を見る。他にもあげたらキリが無い。

それらを使う人間が適応せねばだが、我々治す側の人間も適応せねばだ。

この2年で急激に増えた、スマホ・タブレット関連の症状。日々研鑽である。

#スマホ首 #頭痛 #肩こり #腱鞘炎 #整体 #整形外科