続・治療に適正な価格

昨日時間が無くて書けなかった続き。

仕事への拘りをどこまで持つか?  人生の先輩たちによく言われる。

『ズル出来ないでしょ!?』

先人君子では無いのでゼロでは無いが、無駄な拘りが多く、基本出来ない。 そういう諸先輩方たちも出来ないタイプたち。 だから分かると言う。

何かを優先する時、多くの場合で自分を優先する事が無い。 お金や時間、休みや手間や。 患者に対してだったり、友人知人に対してだったり。 もちろんスタッフたちに対してだったり。

一人でも多く、一円でも多く。 そいう仕事がしたい人は、そういうところへ行けばよい。 働く側でも、顧客側でも。

以前ウチへ見学に来たスポーツトレーナーをしている20代の兄ちゃんが、パーソナルで個人宅へお邪魔し指導しているという。 『一回の指導で小一万円貰うのはプレッシャーじゃないか?』と尋ねたら、『別にそんなこと考えた事ありません』と返してきた。  不採用決定。

ズルをすれば諸々減るが、拘る分には増えはしないが減りもしない。 これからも拘り続けるとしよう。

治療の適正な価格とは。

わりと定期的に患者さんと呑む機会がある。 先日もある患者さんと呑んでいた時の話。

かれこれもう20年ほどの付き合いになる同世代のその男性、現在は適的なメンテナンスと2Fラボでトレーニング。 年に数回一緒に呑むのだが、一昨日言われた言葉に心が癒された。

『20年、一度も料金上げて無いよね?どうして?! 安すぎるから上げたってイイんじゃないか。』 と。

大学に籍を置きながら初めて治療の学校へ行った二十歳。 当時どうしても整形や接骨院の診療に納得していなかった。 何処へ行っても揉んで電機。 興味があって勉強しただけであって、商売としてやるつもりが無かったので、そのままスポーツメーカーへ就職。 同時期に学んだ同業者はほぼ倍の診療代金。後輩ですら千円以上高い。 現在でも基本三千五百円、プラス税。 

仲間はこの道でずっとやってきたベテラン。 たまたま同じ時期に学んだだけであって、小生の方がランクは下と考える。 意識も志も、仲間の方が遥かに高い。

だから料金を上げる前に、まだまだやらねばならない事が沢山ある。 努力不足を患者に負担させるのは本末転倒、愚の骨頂。 三千円、四千円は大金。 高くは無いが安くも無い。 しかし治りもしないのに、毎日五百円、六百円とる方が詐欺。 しかも外傷で無いのに不正に保険診療。 患者と治す側の負の利害関係が一致しただけの不正行為。

人としてやらねばならぬ事、学ばねばならぬ事がある。 そんな事を患者からも学ばせてもらい、また、後輩たちに伝えねばならぬ義務がある。 人生とは尊いものであるのだから。

ドラマ撮影

ドラマ撮影

今日は、と言うより今日もドーでもいい話しを。

昨晩帰宅をすると、ポストに一枚の紙が。

「テレビドラマ撮影のお知らせ」    ふ~ん...

最近引っ越されて空いていた、並びにある一軒家と周辺道路を使ってテレビドラマの撮影を丸々一週間するんだって。

昨今飛ぶ鳥落とす勢いのイケメン俳優とか、女優さんとか。   ウッ、見、見、見たい...  窓から顔出しちゃおっかな。   ってかクルマ洗えないわ。(爆

と、こんな感じで今日はユルくスタートいたしマス。(笑)

匠の技術は金で買うもの?!

先日、大学の教員の患者と。

『学校入って勉強して、専門知識身につけて資格取って就職して。 要は金払って教えてもらったって事だよ』

そんなこと言ったら元も子もないって笑って話していたが、平たくいったらそういう事。 金で就職買ったって話し。 

『土下座して頼みこんで修行積んで。そういう人が店開いたラーメンやと、脱サラで金払って起業塾的ナところで身に付けて開いたフランチャイズラーメン屋、どっちが旨いと思う?先生?!』

そりゃ日本は職人不足になるわな。

勉強し努力はするが、真似事はしない。 他人との輪は重んじるが依存しない。 そんな事が分かる人間とだけの人間関係で十分だ。 信じあえる者とだけ信じあおう。 それにはまず自分で自分を裏切らず、自分を信じる事である。

ブロッコリーの新芽がね。

あの食べ物がインスリン抵抗性や血糖値の上昇を抑制し、肥満や2型糖尿病に効果大!!   なんて書くと、どこぞの情報番組風になってしまうが。(笑)

日本の大学の先生と民間企業の研究で、ブロッコリーの新芽、ブロッコリースプラウトに多く含まれスルフォラファンが肥満を抑え、また、インスリン抵抗性や血糖値の上昇を抑制し糖尿病の予防に働く可能性があることをマウスの研究でつきとめた。

研究ではマウスを高脂肪食または通常食にスルフォラファンを「混ぜる」あるいは「混ぜない」4群に分けて14週間観察。 高脂肪食+スルフォラファンを摂取した群では高脂肪食だけを摂取した群に比べて体重増加率が15%抑えられたほか、内臓脂肪も20%減少し。 高脂肪食の摂取で上昇したインスリン抵抗性や空腹時血糖値が改善することが分かったそうだ。

他にも諸々今回の研究で発見があったそう。 すぐにスーパーでブロッコリーに飛びつけ!と言う事では無いが、生活習慣病の改善や予防につながる可能性がますます期待される。 先生方の研究にますますこれからも期待で感謝である。

固定法と再手術の関連性

カナダの大学で、大腿骨頚部骨折の手術後に再手術となった場合、それが骨折部の固定法に関連しているどうか研究調査した。

被験者は70~80歳代の女性が多く、骨折は転倒によるもの、孤立性、非転位性の患者が大半を占めたもの。 その結果、固定法の違いに有意差はなかったそうだ。

研究は大腿骨頭壊死症についてや、喫煙・非喫煙など色々解析されていた。 興味ある方は是非ご自分でググって調べてもらいたい。

年に1、2名だが、股関節を再手術して予後不良で見てほしいという患者もやってくる。 出来る事は全力で、お互い手に手を取り合って。そして一歩一歩前に進もう。

骨密度と乳製品の関連性

我が日本でも総人口の10%弱、約1100万人が骨粗鬆症であり、骨粗鬆症予備軍まで含めると2000万人に達すると現在言われている。 

今月初め、米国専門機関から1948年に始まる、マサチューセッツ州フラミンガムの住民の健康と習慣を追跡した長期研究が発表されていた。

研究によるとビタミンDサプリメントと特定の乳製品を併用することで、加齢による骨量減少を防げる可能性があるとの報告があった。 高齢者が牛乳、ヨーグルト、チーズを摂取していると、脊椎の骨塩密度が高く、股関節の骨量減少が少なかったが、この関連性はビタミンDサプリメントも摂取していた場合に限られていたという。

ビスホスホネート製剤やデノスマブ等、骨粗しょう症治療薬もどんどん開発され進化している。 現在は症状が出なくても、いずれ腰痛や骨折を起こす危険が大きいと言われている骨粗鬆症。 治療は勿論の事、危険の程度を厳しくどう予測するかの研究にも、これからの進化発展に期待したいと思う。

医療機関,ホームページ

政府は今月10日、医療機関の広告規制の見直しなどを盛り込んだ医療法改正案を閣議決定し、国会に提出した。  最近特に美容医療に関するトラブルが増えていることを踏まえ、医療機関のホームページの虚偽・誇大な広告を禁じる内容となる。

現行の医療法では、医療機関の広告について、名称や診療科名、診療時間などを除いて禁止しているが、ホームページは規制の対象外となっており、今回の改正法案では、ホームページの虚偽・誇大な広告を規制対象とするものとなる。 これに違反した場合、6カ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金が科されるようになるそうだ。

そもそも我々民間療法の方が、その何十倍もヒドイ。 ほぼほぼ全部が全部、患者の立場に立ってでは無く、商売目線の一人称広告。 何十年も前から諸先輩方に言われ続けた、患者施術体験レポート的な広告なんか典型例。 全員治して当たり前!ぐらいの気合で治療するのに、いちいち書くな!!とよく言われたモンだ。 そんなの腕の無いオバちゃんが広告ダ!!!なんて毒吐いてたわ。

立地や設備前面押し出し治療院、もう涙しか出てこない... 身体治す前に、見る目治そうねっ。

肺疾患ha

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防と食事についての研究がスウェーデンから。

特定の果物や野菜、特に、リンゴ、ナシ、緑の葉物野菜を1日5皿以上食べていた人では、2皿のみの人に比べてCOPDの発症リスクが35%低かった。 また、食べる量が1皿増えるごとに、元喫煙者ではCOPDリスクが4%、現喫煙者では8%低下したそうだ。

さらに付け加えると、全ての果物や野菜に予防効果があるわけではなく、バナナ、ベリー類、柑橘類、トマト、タマネギ、ニンニク、エンドウマメにはリスクを低減する効果はなかったようだと説明されていた。

小生自身、金欠自炊をしていた若かりし頃、ある根拠を自ら実践で、毎日必ずリンゴを一つ食べていた事がある。 数年前まで長く管理していたプロのオードレース選手にも、リンゴを積極的に食生活に取り入れるように指導していた事もあった。

今回の研究では、一部の果物や野菜に含まれる抗酸化物質が、COPD発症の中心的機序となる組織のストレスや炎症を軽減する為に、重要な働きをもつ可能性があると推論しているとしていた。 出来る限りナチュラルでヘルシーに。 メーカーキャッチで口に入れるのだけはよしたまえ!選手諸君!!